バイトでの注意点

学生の多くは、アルバイトを経験しています。
アルバイトは、学生のうちに経験をしてくことで学生という立場でも社会との繋がりを持つことができ、学校生活以外の人脈や社会性を身につけることが出来ます。
ある論文では、アルバイト経験が学生のキャリア形成に重要な要素があるということもいわれております。
アルバイトは、社会にでるための準備として大きな足掛かりとなることでしょう。


行き過ぎたアルバイト量は、勉学に支障をきたしてしまいますが、適度なアルバイトは自身の将来の糧になります。
保護者である親の立場から見ても社会性を身につけるのと同時に少しでも自ら生活費を稼いでもらいたいという意見が多いのです。
その反面、学生の本分は学業であるために学業が疎かになってしまい、他の悪い道へと進んでしまうのではないかという心配の種が生まれてしまっているのが現状です。
アルバイトをするうえでは、学生本人が気をつけなければならない点があります。


□スケジュール管理。
学生におけるアルバイトの場合には、学校での活動時間および試験期間などを考慮し、アルバイト時間を調整しなければなりません。
ここで自己のスケジュール管理が出来ない場合には、アルバイトまたは学生生活のどちらかが疎かになってしまいます。


□人間関係。
アルバイト先には、もちろん学生だけではなく、社会人など様々な人達がいます。
世の中には、悪と善が逆転してしまっている人間もいます。
自身でこれから向き合う人間を良く判断し、向き合い、この中でうまく人間関係を構築していかなければなりません。


Copyright © 2014 アルバイトへの意識 All Rights Reserved.